大人になってからできるニキビ

普通ニキビというと思春期の若い学生などができることが多いのですが、大人になってからできることもあります。30代や40代になってもできることがあるのです。そのような場合にはなんらかの原因があることが多いのです。
ある場合にはストレスが大きな原因になっているかもしれません。ストレスは体のいろいろな部分に影響を与えるものとなるために、ニキビとして出てくることもあるのです。そのような時にはストレス対策をしっかりする必要があります。

男性のニキビの参考サイト

日常の何気ないしぐさがニキビをつくる

日常の何気ない動作がニキビの原因になっていることがあります。その一つが頬杖です。
手には雑菌、汚れなどが付着しています。その手で触ると肌のバリア機能が低下します。バリア機能には水分を保持する働きがありますが、機能が低下することで水分蒸発が進み乾燥します。乾燥することで古い角質が蓄積して毛穴がつまりニキビになります。
頬杖は日常何気なくやっていると思います。ニキビを治すには、意識して頬杖をやめることが大切です。周りの人に指摘してもらうとよいでしょう。

ニキビは生活環境も影響している

私は根っからのニキビ肌で色々なニキビ化粧品などを試しました。
それでも何が良くないのか分からず年齢を重ねていきましたが、結局のところ自分の不摂生が原因で治りが遅く出来やすかったようです。
眠るのは深夜越え、頬杖をつく癖があり、今思えば頬杖をついていた場所ほどニキビができやすかったです。
眠るのも深夜の2時とかで肌のゴールデンタイムどころではないな、と思い、そういう生活を続けていれば治らないのも分かる気がします。
ニキビは化粧品だけではなく生活習慣も影響されるので、気をつけて生活を送りましょう。

ニキビ跡による赤ら顔に悩む主婦のブログです。ニキビ跡を消すための情報収集などをして、それを紹介していきます。